●チャクラとは?

サンスクリット語で円、円盤、車輪の意味

氣の流れが集まるエネルギーセンター(エネルギーの出入り口)と言われています。


霊・精神・心・肉体と繋がった場所とも考えられています。


一般的には背骨に沿って第1から第7まであると言われ、バランスよくチャクラを活性化する事で心身の健康につながると考えられています。



第1チャクラ

肛門と性器の間の会陰あたりに位置する第1チャクラは、7つのチャクラの中でも一番大地に近い場所にあり、大地のエネルギーとダイレクトに繋がる場所で、生命力や安定性を司ると言われています。

第1チャクラがきちんと活性化されていると、地に足を付けてしっかりと現実世界を生きること(=グラウンディング)が出来るようになり、生活が安定します。
スピリチュアルな方は上位チャクラが活性化されて第1チャクラが弱くなりがちなので、意識的に活性化を心がけると良いでしょう。
対応色は赤や黒です。

第1チャクラ対応の商品一覧はこちら


第2チャクラ

おへその下の丹田のあたりに位置し、感受性と性、自分らしさを司ると言われています。
第2チャクラがきちんと活性化されていると、人生に対して情熱的になり様々なことをより豊かに感じることができるようになり、「本来の自分」を生きることができるようになります。

「性生活に問題がある、人生に情熱を持てない、本来の自分を生きていない」と感じる方は、第2チャクラの活性化を心がけると良いでしょう。
対応色はオレンジ色です。

第2チャクラ対応の商品一覧はこちら


第3チャクラ

みぞおち〜胃のあたりに位置し、「自信・活力」を司ると言われています。
第3チャクラがきちんと活性化されていると、自分に自信をもつことが出来るようになり、精神が安定し、物事に意欲的に取り組むことが出来るようになります。

「他人の評価が気になる」「自分に自信が持てない」と感じる方は、第3チャクラの活性化を意識的に心がけると良いでしょう。
対応色は黄色です。

第3チャクラ対応の商品一覧はこちら


第4チャクラ

胸の真ん中の心臓のあたりに位置し、「愛情・受容・人間性」を司ると言われています。
ハートチャクラがきちんと活性化されていると、心を開き慈悲の心で他者を受容することが出来るようになり、思いやりや優しさに溢れた状態になります。
ここでいう「愛情」とは、恋愛の「愛」というよりは、人類愛などのより「高次の愛」を意味しています。

「人間不信に陥っている」「一方的に愛を求めすぎてしまう」方は、第4チャクラの活性化を意識的に心がけると良いでしょう。
対応色はピンクや緑色です。

第4チャクラ対応の商品一覧はこちら


第5チャクラ

喉のあたりに位置し、表現力やコミュニケーションを司ると言われています。
第5チャクラがきちんと活性化されていると、自分の意見や世界をうまく表現出来るようになります。
創作活動をするアーティストやクリエイターにとっても、特に重要なチャクラです。

「自分の意見をうまく伝えることが出来ない」「コミュニケーション能力を伸ばしたい」方は、第5チャクラの活性化を意識的に心がけると良いでしょう。
対応色は水色(青色)です。

第5チャクラ対応の商品一覧はこちら


第6チャクラ

眉間に位置し、別名を「サードアイ(第3の目)チャクラ」と呼び、直感力や知性を司ると言われています。
第6チャクラがきちんと活性化されていると、直感(インスピレーション)が研ぎ澄まされ「物事の本質を見抜く力」がつきます。
また、天界からのエネルギーやメッセージを感じ取る場所でもあります。

「直感力を伸ばしたい」「予知能力を伸ばしたい」方は、第6チャクラの活性化を意識的に心がけると良いでしょう。
対応色は青色です。

第6チャクラ対応の商品一覧はこちら


第7チャクラ

頭頂部もしくは、そのちょっと上あたりに位置し、「高次との繋がり・霊性・宇宙意識・人生の目的」を司ります。
第7チャクラがきちんと活性化されていると、神様や宇宙からのメッセージを正確に受け取ることができるようになり、高い精神性の目覚めに繋がり、「宇宙規模での人生の目的」を見つけることが出来るようになります。

「霊性を高めたい」「宇宙意識と繋がりたい」方は、第7チャクラの活性化を意識的に心がけると良いでしょう。
対応色は紫色・白色・透明です。

第7チャクラ対応の商品一覧はこちら

チャクラから選ぶ

785商品

おすすめ順 価格順 新着順

785商品 1-36表示
785商品 1-36表示